アルツハイマー予防に青汁

| コメント(0) | トラックバック(0)

アルツハイマー病は、年齢が上がると発症する確立も高くなります。小さな物忘れからはじまり、徐々に記憶力が悪くなり、最後には、寝たきりになることも有り得る恐ろしい病気なのです。


アルツハイマーの原因は、まだ解明されていません。しかし、分かっている部分もあります。九州大学と佐賀女子短大の共同研究によって、ホモシステイン酸がアルツハイマーの発祥に関与していると確認されたのです。

ベータアミノロイドと言われるタンパク質がアルツハイマーの原因物質です。そのホモシステイン酸が、ベータアミノロイドを脳に蓄積させることが分かったのです。ですから、ホモシステイン酸の摂取量を減らすと、アルツハイマーの予防に繋がるのです。

アルツハイマー予防に効果がある青汁

健康に効果的な青汁は、アルツハイマーの予防にも有効のようです。青汁は、たくさんの栄養素を持っていますが、その中の水溶性ビタミンの葉酸があります。葉酸は、貧血にも予防効果があり、妊婦の方には大変重要な栄養素です。

この葉酸が、アルツハイマーに効果があるのだというのです。ニューヨークのコロンビア大学メディカルセンターの研究チームによって行われた研究では、アルツハイマーの葉酸の効果が認められたのです。毎日、サプリメントや食事で葉酸を摂っている人は、全く摂取していない人と比べるとアルツハイマーの発症のリスクが少ないことが分かったのです。日常的に、葉酸を摂っていると、アルツハイマーの予防になるのです。


しかし、日常的な食事で葉酸を補給しようとしても、困難です。葉酸は、熱や光に弱く、とても不安定な性質をしています。食事からの摂取量にも違いがあります。ですから、葉酸の量が安定している青汁で摂ると、毎日の健康促進やアルツハイマーの予防にもなるのです。

そのほか頭のもやっとしたすっきりしないときにはサラサラ効果のあるDHA・EPAサプリを飲むと効果的ですよ。

血液サラサラ効果があると評判です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lawrencesong.net/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、admin18が2014年4月 8日 22:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「腰の痛みの治療方法」です。

次のブログ記事は「ドロドロ血液の改善に酵素が良い?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。